犬の健康の基準となるドッグフード

ドッグフードの選び方

無添加には注意が必要

犬に安心して与えられるドッグフードの基準として、最後に無添加があります。ドッグフードは基本的に常温保存です。しかも長期間保存の利くものも多く、こういったことからも、ドッグフードには日常的に人工添加物が使われていると言えます。なお、ここで言う無添加とは、こうした人工的な添加物・着色料・保存料・香料などのことを言い、ハーブなどの天然由来の添加物は含みません。

ドッグフードのパッケージに無添加と記されたものがありますが、この場合、何が無添加なのかを確認しなければいけません。合成着色料が無添加であっても、保存料や防腐剤などが含まれていると元も子もありません。あくまでも人工添加物が無添加であることが重要なのです。

こういったドッグフードの安全基準は、断然ヨーロッパのほうが日本よりも厳しく、そのためドッグフードの質もかなり高いものと言えます。つまり、購入する際は、こうした海外のメーカーのものを選ぶことも一つの手段です。ただ、輸送中の管理が雑な業者もありますので、必ず正規輸入代理店で購入してください。その他にも、無添加で品質管理の行き届いたドッグフードを探す手段として、メーカーのサイトを調べる方法もあります。愛犬のために、飼い主はできる限り上質なドッグフードを選ぶべきでしょう。

Previous