犬の健康の基準となるドッグフード

ドッグフードの選び方

無添加には注意が必要

犬に安心して与えられるドッグフードの基準として、最後に無添加があります。ドッグフードは基本的に常温保存です。しかも長期間保存の利くものも多く、こういったことからも、ドッグフードには日常的に人工添加物が使われていると言えます。なお、ここで言う無添加とは、こうした人工的な添加物・着色料・保存料・香料などのことを言い、ハーブなどの天然由来の添加物は含みません。

ドッグフードのパッケージに無添加と記されたものがありますが、この場合、何が無添加なのかを確認しなければいけません。合成着色料が無添加であっても、保存料や防腐剤などが含まれていると元も子もありません。あくまでも人工添加物が無添加であることが重要なのです。

こういったドッグフードの安全基準は、断然ヨーロッパのほうが日本よりも厳しく、そのためドッグフードの質もかなり高いものと言えます。つまり、購入する際は、こうした海外のメーカーのものを選ぶことも一つの手段です。ただ、輸送中の管理が雑な業者もありますので、必ず正規輸入代理店で購入してください。その他にも、無添加で品質管理の行き届いたドッグフードを探す手段として、メーカーのサイトを調べる方法もあります。愛犬のために、飼い主はできる限り上質なドッグフードを選ぶべきでしょう。

人間も食べられるもの

数あるドッグフードの中から、犬の健康にとって安心できるものの基準として、ヒューマングレードというものがあります。これは、人間が食べられるものと同等の素材で作られたドッグフードのことです。

ドッグフードに使用されている素材は、かなり悪質なものが多く見受けられます。肉類と表記されていても、その肉の内容については言及されません。粗悪なドッグフードに含まれる肉類には、まずは家畜副産物があります。これは、本来処分されるべき骨や頭、くちばしなどのことで、ひどい場合には糞が混入されているものもあるのです。そして「4Dミート」と呼ばれるものです。これは死亡した家畜や病気に侵されている動物の肉のことで、このことについての表記義務はありません。つまり、肉類であることには違いがないのですが、とても人間が食べられるものでもありませんし、もちろん愛犬にも食べさせられるものでもありません。

ヒューマングレードは、新鮮で安全な素材のみを使用した、まさに人間仕様とも言えるものです。ヒューマングレード商品の見分け方は、「人間が食べても大丈夫」といった意味の表記があります。「高級素材」だけでは安心できません。ドッグフードのパッケージやメーカーのサイトを見て、しっかりと確認してください。

穀物不使用を選ぶ

最も人間に身近な動物と言えば、犬でしょう。昔は番犬としての役割を持って飼われていましたが、今や家族の一員と言えるほどの存在になりました。番犬の頃の犬は、人間の残り物をエサとして与えられていましたが、室内で飼われるようになってからは、ドッグフードが主流となっています。

犬の祖先は狼と言われています。狼は肉食動物であり、その子孫である犬も同様に肉食なのです。肉食動物の特徴としては、消化器官が短いことが挙げられます。これは高タンパクなエサを効率よくエネルギーに変えるためのもので、実は穀物などの消化には不向きなのです。犬の健康を考えると、この穀物を与えることはとても危険な行為と言えるのです。穀物を与えることで、犬は消化不良を起こし、その結果、アレルギーや糖尿病、肥満などの症状が現れます。

犬の身体は、穀物などの炭水化物を糖分として認識してしまうため、脂肪となり犬の体内へ蓄積されていきます。穀物は肉類と比べ、安価で管理がしやすいためドッグフードに大量に入れられることがあります。安売りされているドッグフードの中には、こうした穀物原料が多く含まれているものが少なくありません。犬の健康のためにはまず穀物不使用のドッグフードを選んでください。

犬の健康とドッグフード

ペットショップやホームセンターのペットコーナーに行くと、ドッグフードの種類の豊富さに驚かされてしまいます。飼い主として、犬に与えるドッグフードはどのような基準で選べばいいのでしょう。ドッグフードによっては、下痢やアレルギーなど、犬の健康に影響を及ぼすものもあります。飼い主は種類や価格帯も様々なものの中から、犬の健康を考えたドッグフードを選ばなければいけないのです。

犬は元々肉食の動物です。犬の祖先である狼の習性を受け継いだものと言えます。ただ、市販されているドッグフードには、穀物が大量に含まれているものがあるのです。犬の身体は肉食に適した消化機能を持っているため、穀物を与えると消化不良となる場合があります。ドッグフードを選ぶ際には、まずは穀物不使用、またはグレインフリーと書かれたものを選んでください。次に、犬の健康を考えたドッグフードとして、ヒューマングレードがあります。これは、人間が食べられるという意味のものです。逆に言うと、犬に与えることに不安を感じる素材を使っているものもたくさんあるということです。パッケージやメーカーのサイトを見て、品質を確認するようにしてください。

このように、犬の健康には質のよいドッグフードが欠かせません。もちろん、いくら素材の質がよくても、人工添加物が使われていると台無しです。ドッグフードは、常温で日持ちするものが多いため、保存料などの人工添加物が使われていることが多くあるのです。このサイトは、こうした犬の健康とドッグフードの関係について説明します。